離乳食の進め方

離乳食の進め方のポイント

離乳食の進め方がわからない、初めてのママの離乳食作りの悩みは育児の中でも大きなものです。まず離乳食とはおっぱいやミルク以外の食べ物を食べられるように発育に合わせて 少しずつ練習していく赤ちゃんの食事のことで初期、中期、後期と一年くらいかけて進めていきます。


スポンサードリンク

離乳食の進め方のポイントは生後5ヶ月か6ヶ月の首がしっかりとすわり、よだれが増えてきた頃、大人の食べるものをじっと見てるなど興味を示しだす頃を選んでスタート することが大切です。準備として赤ちゃん用の果汁や野菜スープをスプーンで試してみましょう。スプーンを口に持っていっても嫌がらないなら離乳食を始めていきましょう。

この初期の時期での始め方はおかゆの10倍がゆを小さじ1杯ほどの量を5口に分けて食べさせます。一週間ほどごっくんと上手に飲み込むことに慣れさせたら野菜など他の食材もやわらかく煮てペースト状にすりつぶしたものを食べさせていきます。食材はさつまいも、じゃがいも、かぼちゃ、ほうれん草、にんじん、キャベツ、大根などです。このときのだし汁は削り節を茶こしに入れてお湯をそそげば簡単にできますよ。おかゆにもんれたらうどんかゆやパンかゆももすりつぶして食べさせてみましょう。

離乳食の進め方も開始から一ヶ月間かけて少しずつ水分を減らし硬さもペースト状からマッシュポテト状にしていき食事の回数も2回に増やします。離乳食は食事のリズムを 作るためにも毎日同じ時間で食べさせることが大切です。また2回食になった頃には白身の魚やささみなどもマッシュ状に煮て献立に加えます。この頃はまだ味付けの必要はありません。


7ヶ月、8ヶ月の離乳食の進め方のポイントは、おかゆは7倍かゆ、野菜は舌でつぶせる硬さです。赤ちゃんはモグモグと口を動かして食べるようになります。栄養の3割を離乳食から摂るようになる時期で食べる量はお茶碗半分くらいを目安にするといいでしょう。とはいえ個人差もあるので赤ちゃんの様子を見ながら量は調整していきましょう。

9ヶ月から10ヶ月の離乳食の進め方は4時間の間隔をあけて3回食となり、栄養の7割近くを摂れるようにしていきます。舌でつぶせないものは歯ぐきでかんだり、手づかみで 食べようと手を出してくるようになってくるこの時期のおかゆは5倍かゆ、野菜はバナナくらいの指でつぶせる硬さが目安です。量も茶碗1杯くらいで、味付けは薄味にします。

1歳の誕生日から完了期の一歳半の頃の離乳食の進め方は大人のごはんよりも水分の多い軟飯、野菜も力を入れて歯ぐきでカミカミしながら噛むくらいの硬さで、家族と同じ時間帯で 食事できるように進めていきます。まだ薄味で、量はお茶碗一杯が目安です。スプーンを使って食べたがる時期であり遊び食いも出てきます。楽しんで食べられるように多少の 汚れるのはママも了解てあげてくださいね。

かわいい食器やグッズも揃えて赤ちゃんと食事の時間を過ごしたいですね。離乳食には市販されているものもあります。これは外出するときに利用すると便利です。手作りでないと、と言われるかもしれませんが、育児って大変、時には手抜きしながら楽しく離乳食を進めていきましょう。
  

離乳食のおかゆの作り方

離乳食のおかゆの簡単な作り方を説明します。おかゆはお米からだと少量なのに時間がかかってしまいますが、炊けたごはんから作れば時間も短くて済みます。たくさん作って一回分ずつ冷凍して保存しておけば楽ですよ。

離乳食の食器のセットになっているものの中にはフリージングできるカップの付いているものもあるし、製氷皿を利用しても。10倍かゆはごはん半カップに対して水カップ2杯。なべが沸騰したら弱火で20分、火を止めて10蒸らします。7倍かゆはご飯半カップに水が一杯半、5倍かゆはご飯1杯に水が2カップ、どちらも沸騰したら弱火で10分、火を止めて10分蒸らします。軟飯はごはん1杯に水1杯を弱火で5分、火を止めて10蒸らします。

離乳食とアレルギー

離乳食の進め方ではアレルギーの心配のある食品は時期を遅らすなどの配慮も大切となります。卵、乳製品は7ヶ月過ぎ、そばは2歳頃までは避けたほうが良いでしょう。両親、兄弟がアレルギーがある場合は注意が必要です


スポンサードリンク




スポンサードリンク

カテゴリー
離乳食の進め方
離乳食の開始時期
病気のときの離乳食
離乳食レシピ 初期