七五三のお参りと由来

七五三のお参りと由来

七五三は3歳、5歳、7歳に氏神様に参拝して、子供の成長を感謝し将来の幸せをお願いする行事です。

 

昔は病気によって乳幼児が亡くなることも多いものでした。

 

そのため七歳までは子どもが無事に成長できるようにと祈願する様々な儀式が行われています。

 

七五三の由来は公家や武家の風習によるものです。

 

女児の3歳は髪を長く伸ばしてまげを結う「髪置きの祝い」、男児の5歳は初めて袴を着ける「袴着の祝い」7歳の女児は帯を結んだ振袖を着る「帯直しのお祝い」があります。

 

これらの儀式をそれぞれの家庭で行なっていたものが江戸時代から七五三のお参りをするようになったそうです。

 

男の子は5歳に祝うものでしたが現在では3歳の男児もお参りをするようになっています。

 

スポンサードリンク

 

七五三のお参りって何をするの?

七五三の内容は地域によっても違いますが、「子どもに晴れ着を着せて氏神様に参拝し、その年までに無事に育ったことを感謝して、今後も健康に成長できることをお祈りする」というものが本来の内容です。

 

七五三のお参りの時期 お参りは何歳で日にちはいつまで?

七五三のお参りの時期は11月15日前後の休日に行くのが一般的となっています。もともとは特に日にちに決まりはありませんでした。

 

3歳、5歳、7歳の年は子供の厄年といわれるもので、鬼が自分の家にいる「鬼宿日」の11月15日が厄払いと氏神さまに加護を願う最良の日であったため、この日を七五三を祝う日とされたそうです。

 

行う年齢もかつては数え年でしたが現在では満年齢で祝われています。また私の子どもの場合の例となりますが、子どもが年子の場合だと一人は数えで、一人は満年齢で一緒にお参りしました。。

 

寒い地方によっては1ヶ月早く行うところもあります。貸衣装や写真撮影の予約、家族の都合などで七五三のお参りの日にちの時期を決めてもよいのではないでしょうか。

 

神社へは行かない、写真撮影だけでよいという考えもあるでしょうがせめて家族で食事会を開いて三歳、五歳、七歳という節目をお祝いしてあげたいものです。

 

スポンサードリンク


TOP七五三のお参り