結婚式招待状返信メッセージ

結婚式招待状返信メッセージについて

結婚式招待状の返信はがきに添えるメッセージ、書き方のマナーについて説明します。どう書いてよいのか迷うけど、祝福の言葉を 一言添えるだけでもうれしいものです。結婚式招待状返信はがきにメッセージを添えて、祝福のきもちをぜひ伝えてください。

スポンサードリンク

メッセージが文字で届けばとても嬉しいものですし、ずっと残るものなので記念にもなります。いざ書こうとしたら何て書いてよいか悩むところですね。メールで文章は書きなれているはずなのに、招待状の返信はがきだと少し敷居が高いような気がします。

結婚式招待状返信はがきのメッセージは「おめでとうございます」の一言だってかまいません。でも返信はがきをいただく側にすれば、それだけではものたらないかも しれません。いただいた方の顔を思い浮かびながら読むものですからせめて「ウエディングドレス姿が楽しみです」くらいは書き添えたいもの。

結婚式招待状は最近では新郎新婦が 差し出し人としたものが多くなっていますので、もっとフランクにお祝いの言葉を添えやすいかもしれません。友人だったら「先を越されちゃったね、くやし〜い!」 なんていうのもアリです。

どうしても出席できないときには多少の欠席のマナーも必要です。お祝いのメッセージと欠席の理由を書きますが、理由はあいまいにぼかすほうが いいでしょう。病気とか身内の不幸という言葉は使わないようにしましょう。


結婚式招待状返信マナーについて

結婚式招待状に同封されている返信はがきに出欠を書いて出します。この場合電話で前もって返事をしていても返信ハガキは必ず出すのがマナーです。 返信期限が書かれているものですが、招待側返信はがきを確認しながら席次表など作成に取り掛かりますから、招待状を受け取って2〜3日中には 出したいものです。

     → 招待状返信マナー

結婚式招待状返信の書き方について

結婚式招待状返信はがきの書き方を説明します。 返信はがきのあて名の下には「行」や「宛」と書かれていますが、このままにして投函してはいけません。二重線で消して「様」と書き直します。 若い人によく見かけられるのですが青やグレーなど色文字で書くのはマナー違反ですよ。黒のインクで丁寧にはっきりと書いてくださいね。

招待状返信の書き方は、返信はがきの出席または欠席を丸で囲み、「ご欠席」「ご出席」「ご住所」「の「ご」、「ご芳名」の「ご芳」 を二重線で消すか、二重線の代わりに「寿」の文字を重ねます。どちらでもよいのですが、見た目には二重線の方が綺麗です。 招待状が縦書きで書かれているときには、縦書きで記入します。最近は横書きの招待状も多くなりましたが、届いた招待状の書式に合わせるのが基本です。


スポンサードリンク



カテゴリー
結婚式招待状返信メッセージ
招待状返信メッセージ 文例
招待状返信マナー
結婚式招待状の書き方

スポンサードリンク