雨の日の体調不良

雨の日に体調が悪くなる原因と対策

雨の日,体調不良,体調が悪くなる,調子悪い,原因,対策,季節,変わり目,気圧

 

雨の日は体が重く、朝起きるのが辛く感じたり、頭痛がしたり、・・そんな経験はありませんか?

 

季節の変わり目は体調を崩しやすい、と昔からよく言われますが、私も台風が近づくとめまいに悩まされています。

 

雨の日に体調が悪くなる原因は気圧に関係があるようです。

体調不良は気圧が原因?

雨の日には気圧が低くなり、体にかかる圧力が下がりため体が膨張したり自律神経が乱れやすくなります。

 

体が膨張されることで、血管の圧迫による血行不良を起こして頭痛などの体調不良招いてしまいます。

 

自律神経には交感神経と副交感神経という相反する働きをする神経がありますが、低気圧になると副交感神経が優位になりすぎてしまいます。

 

このため特に自律神経失調症偏頭痛の人などは、もともと体の調子のよくないところへ、このような不快な症状が出てしまうことが多く見られるようです。

 

対策は?

軽い運動や入浴などで体を温めるなどが効果があるようです。適度な運動や入浴することは血液の流れをよくし、体の機能全般を高める効果があります。

 

気圧の低下は血行不良を招くので普段から体を冷やさないことも大切です。また普段から栄養のバランスのとれた食事や睡眠を十分にとって疲れを溜め込まない生活をおくることが大切です。

 

 

スポンサードリンク