眼精疲労の原因と予防

眼精疲労の原因と予防

眼精疲労というのはいわゆる疲れ目のことです。

 

眼精疲労の原因はいろいろと考えられます。

 

テレビを長時間視聴したりパソコンや本など近くのものを長い間見ていると目のピントを合わせる毛様筋に負担がかかり目が疲労してしまうのです。

 

近視や遠視、乱視などの屈折異常があると起こりやすく中でも乱視は目の疲れを感じやすくなります。

 

眼精疲労は目の異常だけでなくストレスや過労、肩こりや血行不足なども目の疲れを引き起こします。

 

眼精疲労の症状ですが、目のかすみ、まぶしさ、ものが二重にみえたりします。目を開けているのが痛くて辛く目を閉じていると楽になります。

 

冷たいタオルで冷やしたり、蒸しタオルで温めたりすると気持ちよく感じます。

 

眼精疲労が解消されないと日常生活にも支障が生じてきます。ただの疲れ目と軽視しないで目が疲れる原因を改善していくことが必要です。目の病気であれば眼科的治療を受けましょう。

 

睡眠不足、運動不足を解消し食事面などの対応も図るべきでしょう。

 

予防として特に大切なのは目を酷使しすぎないことです。

 

部屋は明るくしテレビ、パソコン、書物を見やすい環境に置くようにします。

 

目が疲れたと感じたときは目を閉じて休めることが大切です。目薬も有効ですが何度も点眼する必要が出てくるので防腐剤のないものを選びましょう。

 

最近では眼精疲労にいいとされるサプリメントもよく利用されるようです。ビタミンAが配合されたサプリメントやアントシアニンが豊富なブルーベリーのサプリメントなどですが、気軽に摂取できるので多忙な現代人にとっては効率的な方法かもしれません。

 

スポンサードリンク