不眠症の改善と対策

不眠症とは

不眠症,改善,対策,原因,自律神経,頭痛,食べ物,夜眠れない,眠れない

不眠症とはどんな病気でしょう。

 

布団に入ってもなかなか夜眠れない、夜中に何度も目が覚めてそのあとはまったく眠ることができない・・

 

こんな経験は誰にでもあるでしょう。

 

こういった症状が何日も続いて慢性化した場合を不眠症といいます。

 

不眠が続くと、頭がぼーとしたり、だるさ、頭痛や肩こりの症状もあらわれてとっても辛いものです。

 

不眠症には、なかなか眠れない入眠障害、何度も目が覚める中途覚醒、早朝に目が覚めて再び眠ることができない早朝覚醒などいろいろなタイプがありますが、最も多いのは入眠障害の、布団に入っても目がさえて眠れない、というものです。

 

不眠症の原因は精神的なストレスで神経が過敏になって起こるものです。不安やストレスによって自律神経のバランスが崩れると、夜になっても交感神経が活発に働いて眠れなくなってしまうのです。

 

 

スポンサードリンク

 

不眠症の改善と対策

不眠症の対策としてはストレスを取り除くことが必要です。午後から夕方にかけて、軽い運動をして筋肉の緊張をほぐしたり、ぬるめのお風呂に長めに入ってゆったりと過ごしたり、就寝前には読書や音楽を聴いてのんびりと過ごすことから試してみましょう。

 

眠るときの環境も大切なので、光や音が気にならないようにカーテンは二重にしたり遮光カーテンを取り入れるといいでしょう。 眠りやすい香りも有効で、ラベンダーやジャスミンなどのハーブも人気です。

 

不眠症に効く食べ物

食ベ物の選び方も大切で、食事はお昼にしっかりととって夕食は軽めにします。寝る直前に食べたり、消化に時間のかかる食べ物は控えてください。刺激の強いコーヒーやお茶を飲むことも避けましょう。

 

興奮してなかなか眠れないときには、温かい牛乳や少量のチーズを食べるといいようです。カルシウムには神経の興奮や緊張を鎮める働きがあります。冷たいよりも温かいほうが、体を温めて血液の流れをよくし、緊張をほぐしてくれます。

 

 

スポンサードリンク