慢性疲労症候群の症状

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群,症状,原因,診断,治療,回復,ストレス,睡眠

休息をとっても通常の日常生活が送れないほどの強い疲労感が半年以上も続く状態を慢性疲労症候群といいます。

 

原因として、ウイルス感染や免疫異常、精神的ストレスが挙げられていますが明確なものではなく治療法も確立していません。

 

この病名のためか、仕事やスポーツなどによる過労状態だと思われるようですが、実際には仕事も手につかなくなり寝込むほどであり過労とは比較にならないほどです。

 

慢性疲労症候群の症状

慢性疲労症候群の主な症状は、持続される倦怠感、疲労感です。なんとか仕事ができる軽症な人から寝込んでしまう重症な人まで程度は様々。

 

ほかにも微熱、頭痛、吐き気、食欲不振といった身体症状そして不安、睡眠障害などの精神症状も多くみられます。心身症やうつ病にもよく似ていますが眠くて起きられない「過眠」の傾向にあります。

 

病院で診察を受けても、一定の条件を満たし(日常生活に支障をきたす疲労感が半年以上続くなど)、同上の症状がみられる他の病気ではないことが確認された場合に慢性疲労症候群と診断されます。

 

慢性疲労症候群の治療

原因がはっきりとしないため、確実な治療法は見つかっていません。時間の経過とともに回復していき、治療はカウンセリングや対症療法として抗うつ剤やステロイド剤などが用いられることもあります。

 

ストレスによる免疫力の低下が関係しているとも考えられており、ストレスをためこまないような生活習慣をつけることも予防、治療には大切であり、周囲の人の理解も必要です。

 

 

スポンサードリンク