夏バテに効く食べ物

夏バテに効く食べ物

夏バテ,効く,食べ物,夏バテとは,なったら,食欲不振,症状,解消,食事

夏バテとは夏負け、夏やせともいいますが、暑い日が続くと体温調節のために体にも大きな負担がかかります。

 

体力が消耗して疲れやすくなったり、 胃腸の働きが衰えて食欲不振となり、栄養が取れなくて体重が減少したり、さらに不眠、だるさ、といった症状がでてきます。
                                              (胃腸の夏バテ対策)

 

こんな夏バテ解消には、休養と睡眠とともに栄養のある食事をとることが大切です。不足しがちなビタミン類は野菜や果物からとりましょう。また胃腸のためにも冷たい飲み物を飲みすぎないことや、不規則な生活を続けないこと、クーラーで体を冷やしすぎないなどの対策も必要です。

 

夏バテになったら疲労や食欲不振を改善してくれる食べ物がシソ、キュウリ、梅です。キュウリは利尿作用と体の熱を冷ます働きがあり、ビタミンや食物繊維などの栄養素が豊富なので夏はたくさん食べておきたい野菜です。

 

スポンサードリンク

夏バテしない食べ物

夏バテを予防する身近な食べ物は枝豆ゴーヤです。

 

食欲がなくなると、つい冷たくてさっぱりとした料理を選んでしまうものですが、冷たいものばかり食べると胃腸の温度を下げて消化吸収が悪くなってしまいます。

 

こうなると胃の弱い人はいよいよ体力の消耗が大きく夏バテしやすくなるものです。エネルギー代謝を促すB1を多く含み、夏が旬で手軽に食べられる枝豆を食べて夏バテを防ぎましょう。

 

中国では暑い夏にはゴーヤがよく食べられるそうです。沖縄の特産として知られてますが苦味のせいで苦手の人も多いかもしれませんが、豆腐と炒め合わせたゴーヤーチャンプルは夏バテしない食べ物としておすすめします。
      ⇒ゴーヤの効能  ゴーヤ茶の作り方

 

夏バテと熱中症

夏バテと間違えやすいのが熱中症です。
炎天下で長時間作業をしていると起こりやすく、急に発症し短時間で重症化してしまうので注意が必要です。頭痛、吐き気、嘔吐などの症状からやがては意識不明になって昏睡に陥ってしまうことがあります。

 

原因は高温多湿で異常な発汗のため体温調節ができなくなり体温が高くなってしうもので、熱失神、熱痙攣、熱射病などの種類があります。症状は急に始まるものなので、早めに涼しい場所で休息をとり水分の補給をして体温を下げることが大切です。

 

 

スポンサードリンク