熱中症になったら・応急処置の方法

熱中症とは

熱中症,なったら,対策,グッズ,水分補給,症状,応急処置,予防,手当,室内

 

熱中症とは炎天下や高温多湿のところにいたために体温の調節機能が働かなくなり、体温が異常に高くなることです。

 

屋外だけでなく熱気のこもった室内や車の中で倒れて脱水症状を起こすと重症となり死亡に至ることもあります。

 

熱中症は筋肉がけいれんを起こしたり、頭痛や気分が悪くなる比較的軽いものが日射病、脱水状態となって失神、虚脱感がおこる熱疲労、重症型の発汗が停止し意識障害が起こる熱射病に分けられます。

 

以前には日射病とか熱射病とか言われてましたが、これらも熱中症のことです。

 

熱中症とならないよう予防を心がけておくようにしたいものです。もし熱中症になったらすぐ対処できるよう応急処置の方法を確認しておきましょう。

 

熱中症の応急処置と予防

熱中症になったら急いで涼しい場所に寝かせて体温を下げる手当を行います。

 

衣類をゆるめるかできれば脱がせて、濡れタオルで全身を冷やす。特に頭部、脇の下、太ももの付け根を氷のうなどで冷やすのも効果的です。

 

体温が38℃に下がるまで冷やす。

 

意識があるときは水分補給をたっぷりと行います。スポーツドリンクや薄い塩水(0.1%濃度)が適しています。

 

意識がないときはすぐに救急車を呼ぶ。

 

熱中症にならないように予防することが大切です。外出するときは帽子をかぶったり、通気性の良い服をきたり。暑い場所で作業するときにはこまめに水分をとることが大切です。喉がかわいたな、と感じる前に飲むのがいいそうです。

 

 

スポンサードリンク