貧血予防には鉄を多く含む食品を

貧血予防には鉄を多く含む食品を

貧血,鉄分,食品,ヘム鉄,非ヘム鉄,鉄不足,動物性,コーヒー

体内の鉄分が不足するとヘモグロビンの数が減少し、いろいろな臓器が酸欠状態になってしまいます。

 

体がだるい、動悸や息切れがする、などの症状がある女性は鉄不足からくる鉄欠乏性貧血かもしれません。

 

鉄欠乏性貧血の予防には鉄分を多く含む食品を食べるようにしましょう。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。

 

ヘム鉄を多く含む食品

ヘム鉄を多く含む食品
あさり、かつお、まぐろ、ぶり、いわし、牛肉、豚レバー、しじみ

 

非ヘム鉄を含む食品
大豆加工食品、ひじき、小松菜、ほうれん草、パセリ

ヘム鉄は肉類や魚類など動物性食品に含まれる鉄分で、体内への吸収率は10%〜30%。
野菜や果物など植物性食品に含まれる非ヘム鉄分は、体内への吸収率は5%以下。

 

貧血を防ぐにはヘム鉄を食べるほうが効果的です。現代人の鉄分の供給源は肉類といっても過言ではありませんが、とはいってもコレステロールも多いためレバーばかり食べるのは考えものです。

 

鉄は吸収されにくい性質をもっていますが、他のビタミンやミネラルといっしょに摂取することで吸収率が上がります。また体内で鉄分を利用するときにはタンパク質と結合されて吸収されていくので、肉だけに偏らないでいろいろな食品を、一緒に食べることが大切です。

 

食後のコーヒーは飲んでもいいの?

緑茶やコーヒーに含まれるタンニンが鉄分の吸収を妨げる働きを持っているため、食後に飲むのは控えたほうがいい、と言われてますよね。

 

これはほうれん草や大豆など植物性食品に含まれる非ヘム鉄に限ったもので、肉類のヘム鉄には影響ないようです。

 

ただし貧血で増血剤を服用されている人は控えるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク