熱中症を予防しよう〜梅雨や梅雨明け直後の対策

梅雨、梅雨明けは特に熱中症に注意

熱中症,対策,梅雨,湿度,水分,予防,予防しよう,室内

梅雨とはいえ昼間の暑さが厳しく湿度も高いので熱中症が心配です。

 

梅雨になぜ熱中症になりやすいのでしょうか?
これは梅雨はまだ体が暑さに慣れていないためです。

 

人は暑さで体内に熱がこもると汗をかき、汗が蒸発するときに体の熱を奪って体温が上がるのを制御します。

 

ところが梅雨はまだ体はその仕組みが慣れておらずうまく汗をかくことができない状態です。また汗をかいても湿度が高いために蒸発しにくいために、体に熱がこもりやすく熱中症になりやすいのです。

 

                                            熱中症になったら

 

熱中症の予防と対策

熱中症対策は小まめに水分補給を取ることですが、大切なのは喉が渇いたと感じる前に水を飲むことです。外出するときは、水温が5〜15度の冷たい水かお茶を水筒に入れて持ち歩くようにしたいですね。飲む量は一回にコップ1杯。

 

暑い日は屋内でも2時間に1度は飲むようにしましょう。特に高齢者は喉が渇いていることを感じにくい人もいるので、意識して水分を取るようにしてください。スポーツドリンクのほうが体内への吸収が速いので運動や作業をするときは塩分や糖分を含むスポーツドリンクが効果的。

 

室内でも熱中症にならないためにも湿度には要注意。28度を超えないようにエアコンを活用しましょう。高齢者は我慢強いのと、厚さの感覚が鈍っている人もいるので、部屋の風通しを良くしたり温度計を利用しながら室内の温度を調整していきましょう。エアコンを除湿設定して湿度を下げるのも効果的です。

 

 

スポンサードリンク