手荒れがひどい!手荒れ・手湿疹対策

手荒れ対策で早めのケアを

手荒れ,対策,症状,原因,治療,かゆみ,湿疹,ひび割れ,乾燥,予防

手荒れ対策はこじらせて慢性化するまえの早めのケアが大切です。

 

手荒れの種類は季節には関係ない美容師の強力なシャンプー、パーマ液や植物のかぶれによるものと、秋冬に悪化するアトピー性皮膚炎や主婦湿疹、手湿疹によるものがあります。

 

 

手荒れは早めに予防、ケアすればほとんどが治るものですが、こじらせて慢性化させると弱い刺激やストレスでも突然炎症を起こすようになってしまいます。

 

手荒れは徐々に悪化していきます。初期症状は赤くなったりカサカサした状態で良くなったり悪くなったりを繰り返します。放っておくとかゆい、ブツブツした湿疹ができ、さらにひどい状態になると炎症を起こし、痛み、あかぎれやひび割れが生じます。水泡がつぶれてじゅくじゅくした状態の場合もあります。

 

かぶれ(接触性皮膚炎)の手荒れ対策はかぶれる可能性のある対象には手袋などをして素手で触らないようにします。

 

手湿疹などの手荒れの原因は、水や洗剤によって手の皮脂がとれてしまい肌の保湿が悪くなってしまった状態に、さらに刺激を繰り返すことにあります。そのためにかゆみやひび割れが起きてしまうのです。

 

スポンサードリンク

家庭でできる手荒れ予防

手荒れの症状が軽いうちは家庭でできる手荒れ対策で改善を図ってみましょう。まずは乾燥防止のために保湿効果のあるハンドクリームを塗りましょう。

 

市販されてるクリームには尿素、ヒアルロン酸、セラミドや炎症を解消してくれる成分が配合されたものがあります。手洗いや家事のあと、仕事の合間などこまめに塗ることが大切です。

 

主婦湿疹は主婦に多いように家事は水洗いが多いものです。洗剤を使ったり湯を使うときにはゴム手袋を使いましょう。⇒主婦湿疹の治療法

 

手洗いのときにもなるべく洗いすぎたり石けんを使いすぎないようにします。必要な皮脂を流れることを防ぐことが一番の手荒れ対策となります。

 

症状が良くならないときには皮膚科で診察を受けましょう。病院での治療法はワセリンなど保湿剤やステロイド剤、かゆみ止めや細菌の感染予防剤などの薬で対処します。

 

ステロイドは手に使う場合は副作用の心配はほとんどないようです。秋から冬は乾燥する時期なので肌荒れや手荒れ対策には秋口から始めておくことが大切ですね!

手荒れ対策に漢方薬

手荒れ対策に漢方薬治療法があります。ステロイドを使用することに抵抗のある方は、漢方薬で体質改善をしながら症状を改善していく治療法があります。

 

薬局や通販でも、手荒れに効果のある漢方薬が販売されていますが、できれば漢方の専門医や漢方に詳しい薬剤師さんに相談されることをおすすめします。
楽天・漢方薬(肌荒れ)のページ

 

スポンサードリンク