医療事務給料

医療事務給料について

医療事務給料について調べてみました。医療事務は正社員、パート希望ともに人気のある職種ですので、年収などの収入面でも気になるところですね。

 

医療事務給料は勤務する医療機関によって様々といえます。総合病院、開業医院、歯科医院など病院の規模によって異なってきます。

 

正社員の医療事務給料の相場は18万円〜21万円が基本給となります。月給は高卒か大卒で異なります。 医療事務が人気であるのは正社員としてだけでなく、病院の多忙な時期だけ依頼されて勤務するシステムの場合があることです。

 

パートや派遣社員として医療機関で、 月に10日前後の期間限定で働くことができるため、当然正社員よりも医療事務給料は少ないのですが、主婦が再就職するにはかなりメリットのある職種といえます。

 

医療事務は技能職ですから、結婚して辞めた後でも、再就職を希望すれば未経験者よりも有利な条件となるでしょう。

 

医療事務給料は求人募集を見ても、総合病院勤務に比べると開業医院が若干安いようですが、どちらも経験の有無で給与を確定するようです。給与の面では一般事務とはさほど かわらないか、やや高いくらいですね。

 

経験を積み重ねることで給料もアップしていくでしょうし、募集において年齢制限があまりない傾向ですから、医療の世界はやはり経験が第一のようです。そういうわけで就職となると、専門的な知識が必要となりますから、未経験の方が転職を希望しても即、採用となるには在宅で独学だけでは難しいかもしれません。

 

 

通信講座や専門学校で学習し、そちらから斡旋就職といったかたちか、派遣会社に登録する方法を取られる方が多いようです。

 

そうなると時間と費用もかけて取り組むようになるわけですから、 医療事務の給料だけで就職を考えるのではなく、医療事務の仕事内容はもちろん、自分に本当に向いているかを考慮しておきたいですね。

 

最近では派遣は医療事務からの求人も増えている傾向ですから、アルバイトやパート希望者も検討される方も多いようです。

 

医療事務給料は一般的には派遣の場合は時給1000〜1300円くらいです。パートは多少安くて800円前後ですが、他の職種の昼間のパートに比べると一定の日数勤務で、時間を有効に使える 面をプラスすれば優遇といえるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク