ご飯の炊き方の基本

ご飯の炊き方,炊飯器,美味しい,米の洗い方,水につける時間,新米,基本

毎日食べるご飯だけど、美味しく炊けてますか?

 

炊飯器のスイッチを入れれば簡単に炊けるご飯・・

 

米の洗い方や、水につける時間など、炊き方一つで美味しさもぐーんと違ってくるのがご飯なのです。基本をおさらいして、美味しいご飯を食べましょう。

 

スポンサードリンク
米の洗い方

米は手早く洗うのが大切。米は表面のヌカを落とすために洗いますが、米にヌカ臭さが移らないように手早く洗いましょう。

 

昔と違い、精米技術が発達したこともあり、ガシガシとぐ必要はありません。3合以下なら指先でかき混ぜるようにとぎます。4合以上の場合は、手のひらで押すように数回繰り返せば大丈夫です。

 

水に浸す時間

米に水分がたっぷりと含まれていると、ふっくらと美味しいご飯に仕上がります。洗ったあと、水につける時間は最低でも30分。(夏は30分、冬は1時間)

 

お米を研いですぐに炊くと、かために炊けてしまうので必ず吸水させましょう。時間がないときは、ぬるま湯に浸せば10分ほどで大丈夫です。

 

新米はもともと水分が多めに含んでいるので、いつもよりはやや少なめの水の量にします。

 

前の晩にお米を研いでおく場合は、水は少なめにします。ザルに上げておく人もいるみたいですが、これはダメ。一度研いだ米は、乾くと砕けやすくなってしまいます。

 

炊き上がったら蒸らす

炊き上がったばかりのご飯はすぐにかき混ぜないで!湯気がどんどん出ているので、すぐ混ぜてしまうと、湯気の水分でベッチョリになってしまいます。10分ほど蒸らしたら、空気を入れるように、しゃもじを底から返すように混ぜます。

 

ただし最近の炊飯器は、炊き上がる時間の中に、蒸らし時間も入っている場合も多いので、その場合はすぐに混ぜます。

 

お米の保存法

お米は高温・湿気・直射日光は避けること。保存は10℃〜15℃を保てる場所が理想なので、できれば冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。買った時の袋のままだと湿気が入りやすいので、容器に移し替えるといいです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

リンク