おにぎり 握り方 コツ

おにぎりの握り方 三角・俵・丸いおにぎり

おにぎり,握り方,三角,コツ,崩れない,簡単,作り方,丸い,俵

おにぎりを形よく握りたい!

 

おにぎりが崩れないように上手に握るコツは、炊きたてのご飯で、適度な力加減でリズムよく握ること。

 

手の上でご飯を転がしながら、中はふんわり、表面はしっかり形を作ること、お米の粒はつぶさない程度の力加減で握ることが大切です。

 

三角おにぎりの握り方

きれいな三角おにぎりを作るコツは、まずおにぎりの厚みを決めてから握ること。ご飯を手に取って具を入れたら軽くまとめましょう。
それから下になる方の手の指を折り曲げて手のひらとの幅で厚みを決めます。

@手水をつけて、塩は3本指の先の腹に取り、手のひらでこすり合わせてなじませます。
Aご飯を手に取って、真ん中をくぼませ具を入れたら軽くまとめます。
B下になるほうの手は指を折り、手のひらで底辺を作って厚みを決めます。もう一方の手はくの字に曲げて山をつくり、山ごと回転させながら握ります。
C海苔は粗熱が取れたら、温かいうちに巻きましょう。

崩れないように握るポイントは、下になるほうの4本の指に軽く力を入れて、ご飯をしっかりと押さえるように握ることです。

 

スポンサードリンク
俵おにぎりの握り方

俵形のおにぎりは、三角おにぎりよりもご飯の量は少なめにします。

@手水と塩をつけて(三角おにぎりの@)ごはんを軽く握り、手のひらで丸くまとめます。
A下の手は丸くカーブさせて筒の部分を作り、上になる手は親指とそのほかの指で左右をつまむようにして側面を作ります。
B力を入れすぎないように回転しながら左右を整えていきます。

 

丸いおにぎりの握り方

丸いおにぎりを簡単に作る方法は、ラップを使うこと。

@ラップでご飯を包んだら茶巾の形に絞って丸い形に作ります。
Aラップを外して、手水と塩をつけた手で(三角おにぎりの@)握ります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

リンク