運動会のお弁当箱

夏の弁当対策

梅雨から夏は食べ物が痛みやすい時季ですよね。お弁当は作ってから食べるまでが時間が開いてしまうので、作る側もかなり気をつかってしまいます。

 

夏のお弁当をより美味しく、安心に食べられるように、注意したいポイントを知っておきましょう。

 

スポンサードリンク

弁当箱は清潔に

まず夏のお弁当対策で大切なことは、お弁当箱は清潔であること!
弁当箱を洗った後は熱湯消毒しておくようにします。特にパッキンの部分はカビが発生しやすいので、 食べ終わった弁当箱を洗う時にはパッキンを外してきれいに洗うように心がけたいものです。

 

湿気対策

次に大切なのが湿気です。お弁当という密閉空間に水分が多くなると菌が繁殖しやすくなるので、おかずは汁気が出ないように注意してください。ペーパータオルに置いて汁気をカットするといいですよ。ソースなどは別容器に入れておいて食べる直前にかけるようにしましょう。

 

冷ましてから入れる

またごはんやおかずは熱いままで弁当箱に入れないようにします。熱いまま蓋をすると、湯気が水滴になってしまい菌が繁殖しやすくなってしまうので、必ず冷ましてから詰めるようにします。ごはんはラップやお皿にごはんを広げておくと冷めやすいです。

 

必ず加熱する

食中毒を防ぐために、どんな食材も必ず加熱します。特に練り製品や生野菜をそのまま詰めるのはやめましょう。夏は生野菜についた菌が繁殖することがあるので気をつけてください。

 

おかず同士は接触しないように弁当箱にいれるようにします。別の食材が接すると痛む原因になるからです。1種類ずつカップに入れるかアルミなどでしっかり仕切りするようにします。保冷剤を上手に利用しましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

リンク